“外れ”で5球団競合 ロッテ1位佐々木は自由奔放な強心臓

公開日:

「都立の星」。プロを目指す球児の多くが私立の強豪校に進む一方、佐々木が通ったのは東京都下の日野第八小学校、三沢中学校、日野高校と、桜美林大学以外はすべて公立。生まれも育ちも日野というごく普通の子供で、高校の成績も「クラスで40人中20番目」(本人)と真ん中だったが、野球の才能は非凡だった。

 少年野球時代の恩師、日野イースタンジュニアの石阪誠代表は「初めから試合運びがうまく、相手の4番打者には気合を入れる一方で、下位打線には手を抜いて投げるなど、1試合を投げきるための組み立てをしっかりしていた。小柄な体形と名前から『ちい』と呼ばれていましたが、体のバネと丈夫さは一級品でした」と話す。

■負けず嫌い

 小学校2年から現在までの15年間、同じ学校で野球を続け、高校まで捕手としてバッテリーを組んでいた桜美林大の吉野広輝(22)は「走るのも打つのも1番じゃないと気が済まないタイプで、実際に全部トップでした。負けず嫌いで完璧を追い求める気持ちが強い分、うまくいかないことがあると、よく泣いていました。サッカーをやめて野球に来たときも泣いていた」と明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る