• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

甲子園嫌いなのに…阪神“天敵マイコ”に4連敗の体たらく

 またか、である。

 甲子園に巨人を迎えて行われた、7日の今季初の伝統の一戦。激しく降る雨の中、球場を埋めた阪神ファンが見せられたのは、巨人先発のマイコラスを攻め切れない、昨年と同様の光景だった。

 六回までに10安打を放ちながら、3併殺などで奪った得点は3点。4点を先制した巨人に逃げ切りを許した。これで、マイコラスには4連敗。入団3年目の助っ人に、まだ一度も黒星をつけていないのだ。ちなみに阪神は15年も巨人のポレダに8勝中5勝を献上、昨年は田口に10勝のうち5勝を差し出している。

「実は甲子園は好きじゃない。マウンドの土が軟らかく、合わない」

 マイコラスがそう言っているにもかかわらず、彼の昨年の甲子園での防御率は1.29で、一昨年は1.71。同じ投手に同じようにやられているのだから、ファンも「少しは学習せえよ!」という心境だろう。

 阪神は昨年、甲子園で巨人に屈辱の9連敗を食らった。この日は鳥谷がエラーを記録し、7日現在の失策数は12球団ワーストの10。先が思いやられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る