• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“初物問題”また露呈…巨人は開幕ダッシュも実は深刻貧打

 巨人が今季6試合目で初黒星を喫した。

 6日のDeNA戦。2点を追う六回2死一塁で、4番の阿部が右翼席に同点2ランを放った。が、七回2死満塁でルーキー谷岡がDeNA梶谷に2点適時打を浴びてジ・エンド。開幕からの連勝が5で止まった高橋由伸監督は「紙一重。内容的にはそんなに悪くない」と前向きだった。

 とはいえ、伝統的に弱いといわれる「初物」にまたも苦しめられた。初対戦の新外国人右腕・ウィーランドに五回まで散発3安打に抑え込まれ、得点は阿部の一発のみ。6回で8三振を奪われた。以前、巨人に在籍したあるコーチが、巨人の「初物問題」を語っていたことがある。

「巨人の選手は全体的に球種を絞ったり、球数を投げさせるために粘るといったことが苦手。というより嫌いなんです。能力が高い選手が多く、相手のデータを必要以上に頭に入れるより、きた球を打ち返すタイプが多い。相手が何度も対戦している投手で軌道が分かっていれば対応できても、初めてだとそれが分からない。そうなると、淡々と凡打を繰り返す傾向が強いから、そういわれるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る