• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“初物問題”また露呈…巨人は開幕ダッシュも実は深刻貧打

 巨人が今季6試合目で初黒星を喫した。

 6日のDeNA戦。2点を追う六回2死一塁で、4番の阿部が右翼席に同点2ランを放った。が、七回2死満塁でルーキー谷岡がDeNA梶谷に2点適時打を浴びてジ・エンド。開幕からの連勝が5で止まった高橋由伸監督は「紙一重。内容的にはそんなに悪くない」と前向きだった。

 とはいえ、伝統的に弱いといわれる「初物」にまたも苦しめられた。初対戦の新外国人右腕・ウィーランドに五回まで散発3安打に抑え込まれ、得点は阿部の一発のみ。6回で8三振を奪われた。以前、巨人に在籍したあるコーチが、巨人の「初物問題」を語っていたことがある。

「巨人の選手は全体的に球種を絞ったり、球数を投げさせるために粘るといったことが苦手。というより嫌いなんです。能力が高い選手が多く、相手のデータを必要以上に頭に入れるより、きた球を打ち返すタイプが多い。相手が何度も対戦している投手で軌道が分かっていれば対応できても、初めてだとそれが分からない。そうなると、淡々と凡打を繰り返す傾向が強いから、そういわれるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る