• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・岡本スタメン落ちにOB落胆 由伸監督“鬼采配”の短慮

「故障などのアクシデントでないならガッカリですね。たった4試合で見切ったなら早過ぎます」

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘するのは、5日のDeNA戦でスタメン落ちした岡本和真(20)のことである。高卒3年目で初の開幕スタメン出場を果たしたが、これまでの4試合で10打数1安打の打率1割だった。

 巨人はこの日、岡本の代わりに左翼で先発した重信の二塁打が内海の勝ち越し打につながった。采配とすれば的中だろう。

「それなら、相手が右投手なら左打者の重信を、左投手の時に右打者の岡本を使うのか。将来的に生え抜きの4番に育てなければならない岡本は、そんな立場の選手ではないでしょう。ベンチに入っているなら重大な故障ではないだろうし、開幕スタメンに抜擢した時点で、由伸監督は腹を決めたと思っていました。ましてや、この試合の前までチームは4連勝中。多少打てなくても、我慢できる状況は整っていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事