• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・岡本スタメン落ちにOB落胆 由伸監督“鬼采配”の短慮

「故障などのアクシデントでないならガッカリですね。たった4試合で見切ったなら早過ぎます」

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘するのは、5日のDeNA戦でスタメン落ちした岡本和真(20)のことである。高卒3年目で初の開幕スタメン出場を果たしたが、これまでの4試合で10打数1安打の打率1割だった。

 巨人はこの日、岡本の代わりに左翼で先発した重信の二塁打が内海の勝ち越し打につながった。采配とすれば的中だろう。

「それなら、相手が右投手なら左打者の重信を、左投手の時に右打者の岡本を使うのか。将来的に生え抜きの4番に育てなければならない岡本は、そんな立場の選手ではないでしょう。ベンチに入っているなら重大な故障ではないだろうし、開幕スタメンに抜擢した時点で、由伸監督は腹を決めたと思っていました。ましてや、この試合の前までチームは4連勝中。多少打てなくても、我慢できる状況は整っていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る