開幕18試合で四死球155 「悲しくなる」と評論家バッサリ

公開日: 更新日:

「草野球以下だね。カネを出してもらって見せる試合じゃないですよ」

 プロ野球の開幕3連戦の結果を見て、のっけからこう呆れるのは巨人中日などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏である。2戦目の広島阪神戦では、両軍合わせて27四球というまさに草野球以下の乱戦が演じられたが、こういうのである。

「その日は中日が9与四球、オリックスも8与四球を記録した。6試合で計72四球というのですから、OBとして怒るのを通り越して悲しくなりますね。これが、夏場を過ぎて疲労がたまる時期というなら、まだ言い訳もできる。自主トレからコンディションを合わせてきたはずの開幕カードでストライクすら投げられないなんて話になりません。1カ月のキャンプはなんだったんだ、と言いたくなります」

 いや、2戦目だけではない。開幕3連戦の計18試合で記録された四球数は実に155に達し、エラーも3日間で31にのぼった。球春到来を待ちに待ち、高い入場料を払って球場に駆け付けたファンの前で、とうてい出費に見合わないヘボ合戦が各地で繰り広げられたわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る