開幕18試合で四死球155 「悲しくなる」と評論家バッサリ

公開日: 更新日:

「草野球以下だね。カネを出してもらって見せる試合じゃないですよ」

 プロ野球の開幕3連戦の結果を見て、のっけからこう呆れるのは巨人、中日などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏である。2戦目の広島―阪神戦では、両軍合わせて27四球というまさに草野球以下の乱戦が演じられたが、こういうのである。

「その日は中日が9与四球、オリックスも8与四球を記録した。6試合で計72四球というのですから、OBとして怒るのを通り越して悲しくなりますね。これが、夏場を過ぎて疲労がたまる時期というなら、まだ言い訳もできる。自主トレからコンディションを合わせてきたはずの開幕カードでストライクすら投げられないなんて話になりません。1カ月のキャンプはなんだったんだ、と言いたくなります」

 いや、2戦目だけではない。開幕3連戦の計18試合で記録された四球数は実に155に達し、エラーも3日間で31にのぼった。球春到来を待ちに待ち、高い入場料を払って球場に駆け付けたファンの前で、とうてい出費に見合わないヘボ合戦が各地で繰り広げられたわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る