日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実・清宮ドラ1への不安 プロで守るポジションあるのか

 通算79本塁打。今年の高校生の中では、打つ方はズバぬけている。

 しかし、守備はどうなのか。プロ入りなら今秋のドラフト1位は間違いないといわれ、最後のセンバツでは2回戦で散った早実(東京)・清宮幸太郎一塁手(3年)のことだ。

 清宮は2年前の夏も一塁手だったが、ここまで一塁だけを守ってきたわけではない。

 夏の甲子園後は三塁手に挑戦。二塁や遊撃にチャレンジしたという話もある。2年春には中堅を守り、背番号8で公式戦に出場した。が、中堅を守っていたときに肩痛を患った影響で、最終的に元の一塁手に落ち着いた。

 その一塁守備にしても、今大会のネット裏にいた在京球団のあるスカウトはこう言った。

「2年前の夏と比べても成長しているようには見えない。初戦の明徳義塾戦では並の一塁手なら捕れた一邪飛を、カメラマン席を気にしたせいなのかどうか、捕球できませんでしたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事