早実・清宮ドラ1への不安 プロで守るポジションあるのか

公開日: 更新日:

 通算79本塁打。今年の高校生の中では、打つ方はズバぬけている。

 しかし、守備はどうなのか。プロ入りなら今秋のドラフト1位は間違いないといわれ、最後のセンバツでは2回戦で散った早実(東京)・清宮幸太郎一塁手(3年)のことだ。

 清宮は2年前の夏も一塁手だったが、ここまで一塁だけを守ってきたわけではない。

 夏の甲子園後は三塁手に挑戦。二塁や遊撃にチャレンジしたという話もある。2年春には中堅を守り、背番号8で公式戦に出場した。が、中堅を守っていたときに肩痛を患った影響で、最終的に元の一塁手に落ち着いた。

 その一塁守備にしても、今大会のネット裏にいた在京球団のあるスカウトはこう言った。

「2年前の夏と比べても成長しているようには見えない。初戦の明徳義塾戦では並の一塁手なら捕れた一邪飛を、カメラマン席を気にしたせいなのかどうか、捕球できませんでしたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る