56選手決定も…茶番とおふざけの球宴は消滅へまっしぐら

公開日: 更新日:

 3日、今年のオールスター(14日=ナゴヤドーム、15日=ZOZOマリン)に出場する56選手が発表された。セ・パ合わせて23人の初出場選手は一様に初々しいコメントを出していたが、どれだけのファンが「夢の球宴」に心躍らせているのだろうか。

 昨年の地上波のテレビ中継視聴率は、1戦目が10.7%で2戦目が11.0%。2014年の球宴は試合途中に「放送時間がなくなりました」と中継を打ち切り、刑事ドラマが放送された。テレビ局も、NPBとのお付き合いで渋々ながら中継しているのが実情である。

 なにしろ、セ・パがガチンコ勝負を繰り広げた交流戦が19日に終わったばかり。それから1カ月も経たないうちに、「セ・パが真剣勝負」などと主催者が力コブを入れても、大方のファンは苦笑いを浮かべるしかない。

 しかも、だ。最近の球宴は、なんとかのひとつ覚えの直球勝負が繰り返されたり、同じ高校の先輩・後輩同士がプロレスまがいの乱闘ごっこを演じてみたり、愚にもつかないモノマネをしながら打席に入ったり……と茶番とおふざけのオンパレード。14年に全パを率いたロッテの伊東勤がさすがに、「オールスターは遊びじゃない。真剣勝負を楽しみにしているファンも多い」と試合前のミーティングでくぎを刺したほどである。

 開催の時期や方式を見直さなければ、いずれ誰にも見向きもされなくなる。ファンからは、「高卒選手VS大学、社会人出身」、あるいは、「出身地別対抗戦」などのアイデアも出ているのだが、NPBからは具体案が出てこない。球宴消滅も時間の問題である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る