虎とベイが恨み節…広島独走を許すカモ巨人の不甲斐なさ

公開日: 更新日:

「巨人がペナントレースをぶっ壊している」

 セ2位の阪神、3位のDeNAが怒っている。

「この2球団はともに首位広島に6勝5敗と勝ち越している。それなのに、なぜ2位阪神に7.5ゲーム差もつけて独走態勢に入っているのか。広島にからっきしな球団があるからです」(球界関係者)

 広島の貯金21の内訳は、交流戦を勝率1位タイの12勝6敗で乗り切り、4位中日に8勝3敗1分け、最下位ヤクルトに7勝4敗。パとセの下位球団から稼いでいる。ただ、一番の“カモ”は、広島と16ゲーム差の5位巨人。これまで10勝1敗と一方的過ぎる対戦成績で、首位の座を不動のものにしているのだ。

 広島の対巨人の打撃成績は、打率.299、13本塁打、75得点、9盗塁。一方、巨人は対広島が一番悪く、打率.208、7本塁打、30得点、3盗塁と、その差は歴然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る