巨人惨敗交流戦で攻略法露呈 セ5球団が狙う“菅野包囲網”

公開日:

 リーグ戦再開となった23日の中日戦もいつも通りの貧打に泣いた。

 巨人先発の菅野智之(27)が8回5安打1失点と好投したものの、打線が今季最少タイの4安打に抑えられ、7度目の完封負け。先制を許した試合は20連敗という淡泊さで見殺しにされた菅野は、3敗目(7勝)を喫した。

 10位に沈んだ交流戦はエースにとっても悪夢だった。3試合の登板で完投勝利が1度あったものの、5回8失点、6回5失点とパの打者に打ち込まれたケースが2度。交流戦の防御率は規定投球回数に達した投手の中で最下位の5・40だった。

 ダメージは単にメッタ打ちにされたことではない。交流戦によって絶対的エースの「攻略法」がセの各球団に露呈してしまったのだ。

 菅野とは今季初対戦の中日が、この試合であることを徹底していた。この日、菅野が投げた8回の24アウト中、引っ張った打球はわずか6。中日の5安打も全てセンターから逆方向だった。中日の某選手はこう話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る