巨人惨敗交流戦で攻略法露呈 セ5球団が狙う“菅野包囲網”

公開日: 更新日:

 リーグ戦再開となった23日の中日戦もいつも通りの貧打に泣いた。

 巨人先発の菅野智之(27)が8回5安打1失点と好投したものの、打線が今季最少タイの4安打に抑えられ、7度目の完封負け。先制を許した試合は20連敗という淡泊さで見殺しにされた菅野は、3敗目(7勝)を喫した。

 10位に沈んだ交流戦はエースにとっても悪夢だった。3試合の登板で完投勝利が1度あったものの、5回8失点、6回5失点とパの打者に打ち込まれたケースが2度。交流戦の防御率は規定投球回数に達した投手の中で最下位の5・40だった。

 ダメージは単にメッタ打ちにされたことではない。交流戦によって絶対的エースの「攻略法」がセの各球団に露呈してしまったのだ。

 菅野とは今季初対戦の中日が、この試合であることを徹底していた。この日、菅野が投げた8回の24アウト中、引っ張った打球はわずか6。中日の5安打も全てセンターから逆方向だった。中日の某選手はこう話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る