巨人は虎視眈々 中日主砲ゲレーロめぐり今オフ大争奪戦も

公開日: 更新日:

 今オフ、セの本塁打王を巡る大争奪戦が勃発しそうだ。目下、リーグ断トツの27本塁打をマークする中日アレックス・ゲレーロ(30)である。

 中日の4番として活躍するこの大砲助っ人は今季、前所属先のドジャースからも年俸を得ている。13年オフにキューバから亡命し、ドジャースと14~17年の4年総額2550万ドル(約28億5000万円)で契約したものの、昨年のスプリングトレーニング中に左膝を痛め、6月に自由契約。ドジャースが契約満了を待たずに中日にリリースしているため、年俸を支払う義務があるからだ。某マスコミ関係者が言う。

「ドジャースとの今季の契約は年俸750万ドル(約8億4000万円)。中日の年俸が1億5000万円だから、残りの7億円弱をドジャースが負担しているとみられています」

■デスパイネに刺激

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る