今オフ阪神移籍に暗雲 窮地の中田翔は“オリ入り”も視野か

公開日: 更新日:

「残留もあるかもしれませんよ」

 日本ハムのOBがこう言った。今オフの阪神移籍が確実視されている中田翔(28)が最近、「親しい選手によれば、『日本一から最下位じゃファンに顔向けできんやろ』とか、『こんなんでFAもなにもないやろ』とか、移籍に関して発言を後退させているというのです。信頼する栗山監督の続投がスポーツ紙で一斉に報じられたのも大きいのかもしれません。これまで酒席で、『来年は阪神で大暴れじゃ!』なんて冗談半分にオダをあげていたのとは、明らかに雰囲気、言動が変わってきている」というのである。

 確かに今季の中田、「こんなんで」という成績だ。開幕から不振を極め、4月には右足内転筋の負傷を理由に二軍落ちもした。復帰後も状態は上がらず、ここまで79試合に出場して打率.219、11本塁打、47打点。打率はパの規定打席到達者の中でワーストという体たらくである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る