“未完の大器”セレッソ杉本にW杯最終予選1トップ抜擢の目

公開日: 更新日:

 日本代表経験ゼロの点取り屋が、ハリルホジッチ監督の孝行息子になるかもしれない。Jで首位を走るC大阪のエースFW杉本健勇(24)だ。

 長らく「未完の大器」と呼ばれてきた。身長187センチ、体重79キロのフィジカルを誇り、高い打点のヘディングシュートは威力十分。足元のテクニックも高く、スピードに乗ったドリブル突破も迫力がある。「高い」「速い」「うまい」の三拍子そろったストライカーとして12年ロンドン五輪代表に「最年少の19歳」で選ばれた。しかし不完全燃焼に終わった。6試合中4試合に出場して先発は1試合だけ。ノーゴールに終わって決定力不足の烙印を押された。

■C大阪新指揮官と好相性

「いくらポテンシャルは高くても、これまではフィニッシュの際のツメが甘く、ゴールという結果につながらなかった。今季からC大阪の指揮を執るユン・ジョンファン元鳥栖監督は、まずは前線のターゲットにボールを当てるカウンターサッカーを志向し、これが1トップを任された杉本にフィットした。昨季はトップ下や中盤のサイドなどで起用されることもあったが、今季は『ゴールを狙うことに専念できる』ポジションを与えられ、これで杉本の潜在能力が開花した」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る