• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕から2戦欠場も パチューカ本田“ピッチ外”では絶好調

 メキシコ1部パチューカ入りした日本代表FW本田圭佑(31)は「右足痛と高地適応の遅れ(パチューカは標高2200メートル)」で開幕戦、2戦目と連続欠場。デビューは23日のベラクルス戦(ホーム)にズレ込むといわれ、これにハリルホジッチ日本代表監督が不機嫌になっているという。

「31日には、勝てばW杯出場の大一番オーストラリア戦が控えている。本田はミランでの最終シーズン、戦力外となって試合勘を失い、日本代表でもベンチ要員に降格となった。本田を先発で使いたいハリルは、パチューカでコンスタントにプレーして欲しいと願っている。欠場続きにイライラカリカリしている」(サッカーライター)  

 そのパチューカの基本フォーメーションは「4―3―3」。本田がミランでプレーしていた攻撃的右サイドは、ウルグアイ代表MFウレタビスカヤがプレー。攻撃的左サイドはドリブラー系の選手が起用され、本田はピッチ中央のMFでプレーするだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事