“脱貧打”狙う巨人 来季打撃コーチに井端Cの配置転換浮上

公開日:

 27日の阪神戦に6―0と快勝した巨人だが、高橋由伸監督が「力のある投手。それなりの投球をすれば、攻略は難しいと思っていた」と振り返ったように、六回までは相手先発の藤浪晋太郎に手も足も出なかった。

「イップスもウワサされた藤浪の制球難、スッポ抜けを警戒し過ぎたのでしょう、巨人の各打者は明らかに腰が引けてましたね。六回まで2安打で9三振。外角の球に踏み込めず、引っかけたような内野ゴロが多かったのはそのためですよ」(他球団スコアラー)

 結局、巨人は七回1死から村田がもらった死球をきっかけに、亀井の適時打で1点を先制。なおも一、三塁と好機を広げたところで藤浪が降板、2番手の桑原、3番手の石崎から一挙5点を追加した。盗塁、セーフティースクイズ、エンドランと珍しく高橋監督が積極的に動いたのも功を奏したが、それでも巨人のチーム打率は・251でリーグ3位。総得点442もリーグ4位にとどまっている。つまり、今季の最大の課題といわれた貧打は、とても解消されたとは言い難いのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る