巨人1日で再び借金生活に…連続KOの内海は引退秒読み

公開日:

 前日に最大11の借金を返済したが、23日の中日戦に先発した内海哲也(35)が五回途中4安打4四死球3失点でKOされ、7敗目(2勝)。巨人は再び借金1となった。

 内海は前回登板の17日のヤクルト戦も二回途中4失点。7月8日の阪神戦以来、白星から遠ざかっている。にもかかわらず、先発ローテーションを守っている。

「これだけ毎回打たれてもローテから外れない。先発3本柱以外が課題で、上げる若手投手がいないと首脳陣は言うが、同じ打たれるなら、若手の方が100倍マシという声もチーム内にはある。ただ、高橋由伸監督が元エースの復活を期待して辛抱強く起用し続けている。同じ時代のチームを投打で支えた間柄。自身はいきなり監督に就任したから、悔いのない引退ができるよう、完全燃焼できるように、登板機会を与えているのかもしれません」(巨人OB)

 昨オフに年俸は4億円から2億円に半減していて後がない立場。これまで12試合に先発し、わずか2勝である。これだけチャンスをもらってダメなら、本人も納得するしかない。最多勝2度の実績を誇る元エースの引退へのカウントダウンは、もう始まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る