3戦目に今季初対戦 阪神藤浪の一軍合流に巨人はビクビク

公開日:

 阪神の藤浪晋太郎(23)が25日、一軍に合流した。16日の広島戦で約3カ月ぶりに一軍登板したものの、五回途中3失点。7四死球と毎度の乱調で4敗目(3勝)を喫して即二軍へ逆戻りとなった。しかし、27日の巨人戦で最短復帰し、先発予定となっているのだ。

 この日の試合前練習の冒頭、東京ドームのマウンドで、まるで新人のようにシャドーピッチングを繰り返す藤浪の姿があった。巨人戦も東京ドームも今季初である。

 藤浪は2014、15年の死球王。今年4月にはヤクルトの畠山の頭部付近に死球を与え、乱闘が勃発している。巨人ナインが「ちゃんとストライクが入るようになったんですかね?」と疑心暗鬼なのも無理はない。

 打者にとってケガをする危険性がある死球は、みんな嫌いに違いない。ただ、巨人の打者は特にその傾向が強い。それはリーグ最少の31死球という数字に表れている。坂本は昨季、死球ゼロで首位打者を獲得。長野は外国人選手のようにホームベースから離れて構えている。「巨人の選手は球を避けるのがうまい」という他球団の声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る