巨人ナイン“CS下剋上”モード 広島主砲離脱で俄然やる気

公開日:

 広島の鈴木誠也(23)が24日、登録を抹消された。前日のDeNA戦の右翼守備でジャンピングキャッチをした際、着地時に右足首を痛めて途中交代していた。試合後、「右脛骨内果剥離骨折」と診断され、この日の朝に広島に戻った。

 鈴木はそれまで全試合に出場し、4月25日からは4番に固定されて強力広島打線を牽引。リーグトップの打点は、今年も90に到達し、他球団の脅威となっていた。首位チームの主砲の離脱は当然、セ・リーグの他球団にも影響を及ぼす。

 広島はこの日もDeNAに敗れ、3試合連続サヨナラ負け。とはいえ、2位阪神とは6・5ゲーム差と有利な状況は変わらない。だが、その先にはクライマックスシリーズ(CS)が控えているから、広島ファンも気が気じゃないだろう。

 そこで4位巨人である。最大11あった借金を完済したものの、一夜で借金生活に逆戻り。なかなかBクラスから抜け出せない。かつて、巨人のある選手がこう話していたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る