巨人唯一の野手1軍助っ人 首位打者マギーにコーチ兼任案

公開日:

 巨人のケーシー・マギー(34)が打ちまくっている。3日の試合で打率を.317とし、DeNAの宮崎を抜いて首位打者に浮上した。

 シーズン前半は主に三塁。球宴前の試合からチーム事情で二塁へ回り、打順は2番に定着した。規制の多い打順ながら、ここまで大きなスランプもなく、コツコツ安打を積み重ねている。41本の二塁打もリーグトップである。

 来日当初は期待薄だった。プロフィルでは「100キロ」だが、春のキャンプでは「楽天時代よりかなり太った感じ。明らかに110キロはある。あれじゃ動けないよ」と冷ややかな視線を送るコーチもいた。「左膝」に古傷を抱えており、「1年持たない」と指摘したのは古巣・楽天関係者。それが、持たないどころか、シーズン終盤を迎え、むしろ調子を上げているのだから、関係者もビックリだ。

 巨人にとって残留交渉は最優先事項である。来季のメジャー復帰希望をほのめかしているマイコラス、マシソンとの交渉は長引きそうだが、周囲に「ジャイアンツ愛」を語っているという一軍野手唯一の助っ人であるこのマギーは早めに引き留めたいところ。首位打者獲得なら、今季の年俸1億9300万円から、約倍増の4億円が攻防ラインとみられるが、来季の契約には、カネだけじゃない「条件」が盛り込まれる可能性がささやかれ始めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る