巨人唯一の野手1軍助っ人 首位打者マギーにコーチ兼任案

公開日:

 巨人のケーシー・マギー(34)が打ちまくっている。3日の試合で打率を.317とし、DeNAの宮崎を抜いて首位打者に浮上した。

 シーズン前半は主に三塁。球宴前の試合からチーム事情で二塁へ回り、打順は2番に定着した。規制の多い打順ながら、ここまで大きなスランプもなく、コツコツ安打を積み重ねている。41本の二塁打もリーグトップである。

 来日当初は期待薄だった。プロフィルでは「100キロ」だが、春のキャンプでは「楽天時代よりかなり太った感じ。明らかに110キロはある。あれじゃ動けないよ」と冷ややかな視線を送るコーチもいた。「左膝」に古傷を抱えており、「1年持たない」と指摘したのは古巣・楽天関係者。それが、持たないどころか、シーズン終盤を迎え、むしろ調子を上げているのだから、関係者もビックリだ。

 巨人にとって残留交渉は最優先事項である。来季のメジャー復帰希望をほのめかしているマイコラス、マシソンとの交渉は長引きそうだが、周囲に「ジャイアンツ愛」を語っているという一軍野手唯一の助っ人であるこのマギーは早めに引き留めたいところ。首位打者獲得なら、今季の年俸1億9300万円から、約倍増の4億円が攻防ラインとみられるが、来季の契約には、カネだけじゃない「条件」が盛り込まれる可能性がささやかれ始めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る