目当ては清宮より中村奨成 巨人がU18へスカウト緊急派遣

公開日:

 U18W杯(9月1日開幕)に出場する高校日本代表が29日(日本時間30日)、開催地カナダのサンダーベイで練習を開始した。

 乗り継ぎを含めた移動には、実に20時間近くを要した。この日未明に到着した選手たちはさすがに疲労困憊のはず。それでも現地時間午後1時から体を動かした。

 そんな日本代表をカバーする態勢に突如、変化が生じたのが巨人だ。

 当初、スカウトは日本での練習試合3試合をチェックするだけで、カナダには派遣しない方針だった。

 ところが、ここにきて急きょ、井上チーフスカウトが現地入りすることになった。さるチーム関係者がこう言う。

「ドラフト指名筆頭候補の早実の清宮幸太郎はこれまで散々チェックしてきたし、今さら木のバットをどう使うとか、そういうレベルの選手ではない。彼の場合、早大進学の可能性が高いという情報もあるし、プロ志望届を出すか出さないかが唯一にして最大のポイント。すでに評価の定まった選手のために、わざわざ海外にスカウトを派遣するのは時間と人件費のムダですからね。ちょうど大学のリーグ戦が開幕する時期でもありますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る