選手会の抗議は巨人への“反旗” 山口俊は国内に居場所なし

公開日:

 巨人・山口俊(30)の泥酔暴行事件に対する処分に「待った」がかかった。

 日本プロ野球選手会は28日、山口俊が東京・目黒区の病院で男性警備員を負傷させた件で、今季終了までの出場停止と1億円を超えるとされる罰金、減俸を科されたことに対し、処分が重過ぎると、巨人に再検討を求めたと発表した。

 山口俊は自身の30歳の誕生日だった7月11日未明、泥酔した状態で訪れた病院で警備員に2週間のケガを負わせ、扉を蹴って破壊。傷害と器物損壊の疑いで書類送検され、後に起訴猶予となっていた。

 選手会は、逮捕されていないこと、被害者と示談が成立していることから、過去の例をみても総額1億円以上の罰金、減俸は不当と主張。また、巨人が解雇をちらつかせ、入団時に結んだ複数年契約の見直しを迫って同意させたとし、これも問題視している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る