岡島秀樹
著者のコラム一覧
岡島秀樹元プロ野球選手

1975年12月25日生まれ。京都市出身。東山高から93年のドラフト3位で巨人入団。2006年にトレードで日本ハムに移籍し、同年11月にレッドソックスと契約。移籍1年目はセットアッパーとしてチームの世界一に貢献した。12年にソフトバンクで日本球界に復帰してからは日米3球団を渡り歩いた。メジャー通算266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.09。

クラブハウスの音楽は大輔君の先発時に一番気をつかった

公開日: 更新日:

 長らく、レッドソックスの主砲を務めたデービッド・オルティスはリーダー的存在でした。当時、主将は捕手のバリテックでしたが、オルティスはクラブハウスや移動の車中を仕切っていました。

 空港へ移動するバスは2台で、首脳陣とスタッフ、選手で分乗します。試合後、テンションが高ぶっている選手が多いので、勝っても負けても車中は遠足のような雰囲気でした。オルティスはチームを盛り上げようと、さまざまな余興を企画しました。豪快なスイングとは対照的に、オルティスは細かい気配りができる人です。選手をバスの前方で歌わせるのも、そのひとつ。歌い手に指名されるのはルーキーに限りません。オルティスはよく自分と同じ野手を指名していました。

「きょう、打てなかったヤツは出てこい」と命じ、アカペラで1曲披露させるのです。

 僕や大輔(松坂)君も例外ではありません。僕は洋楽は無理なので、自分のカラオケのレパートリーの中から、80年代の人気ロックグループ「BOO/WY」の「NO.NEW YORK」をチョイスしました。「NEW YORK」を連呼する箇所があるため、チームメートに分かりやすいと思ったからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る