村主章枝
著者のコラム一覧
村主章枝元フィギュアスケート五輪代表

1980年、神奈川県出身。3歳から3年間アラスカで過ごし、帰国後に6歳でスケートを始める。96年、16歳で全日本選手権優勝。99年、早稲田大に進学して佐藤信夫氏に師事。翌2000年の全日本、4大陸選手権で優勝。02年ソルトレークシティー五輪(5位)、06年トリノ五輪(4位)の代表権は、ともに全日本優勝で勝ち取った。14年、33歳で現役引退。現在はタレントや解説者のほか、カナダを拠点に振付師として活動中。

羽生結弦を苦しめる靭帯損傷は「骨折よりめんどくさい」

公開日: 更新日:

 平昌五輪まであと10日。注目競技のひとつがフィギュアスケートだ。中でも、男子で66年ぶりの連覇がかかる羽生結弦(23)は違った意味でも注目されている。昨年11月、NHK杯の公式練習中に右足首を負傷し、「右足関節外側靱帯損傷」と診断された。1月中旬に氷上練習を再開し、ぶっつけ本番の五輪に向けて急ピッチの調整を続けている。村主章枝氏は2002年ソルトレークシティー、06年トリノの五輪2大会に出場。羽生と同じケガに苦しんだ経験がある。

■「伸びちゃうと厄介」

 ――羽生選手のケガを聞いてどう思いましたか。

「損傷具合にもよると思いますが、他のバランスも崩れてくるし、(軸足の)右足なので結構大変
かなと。骨折よりも靱帯の方が意外と“めんどくさい”んです。骨折は骨がくっつけばいいし、靱帯も切れたら手術でくっつければいいんですが、伸びちゃうと厄介」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る