“日本サッカー界No.1のモテ男”の異名 西野朗氏のウラの顔

公開日:

 電撃解任されたハリルホジッチ前日本代表監督(65)の後任を託された西野朗JFA(日本サッカー協会)前技術委員長(63)には、「国際試合に強い指揮官」というイメージがある。

 監督として、1996年のアトランタ五輪、2008年のFIFA(国際サッカー連盟)クラブW杯で世界を驚かせた。

 アトランタ五輪では、ブラジルに圧倒的に攻め込まれながら、堅守速攻で1―0勝利のジャイアントキリング。G大阪を率いたクラブW杯では、準決勝で英プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッド相手に真っ向勝負を挑んで善戦した。最終的には、クリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリード)、ルーニー(現エバートン)のゴールなどで3―5と押し切られたが、西野監督のケレン味のない攻撃サッカーは、世界中から称賛を集めたものだ。

「Jリーグ通算270勝は歴代最多。とはいえ、98年の柏を皮切りにG大阪、神戸、名古屋と通算17シーズンにわたって指揮を執りながら、Jリーグを制したのはG大阪時代の05年シーズンだけ。金満クラブを率い、外国人選手にも恵まれてきたのに<コストパフォーマンスが低く、実は勝負弱い指揮官>とヤユされることも少なくない」(ベテラン記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る