• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西野氏は“次善の策” ハリル後任本命は「岡ちゃん」だった

「(監督解任の)リスクを考え、代えるのなら誰か? 本当に代えるのなら誰がいいのか? 多くの議論を交わし、西野さんを選んだ」

 ロシアW杯まで2カ月というまさかのタイミングで、ハリルホジッチ監督のクビを切る決断をした、田嶋幸三日本サッカー協会(JFA)会長(60)のセリフだ。

 後任に決まった西野朗新監督(63)は、1996年のアトランタ五輪代表を率いてブラジルを破る「マイアミの奇跡」を起こし、G大阪や名古屋などの監督として歴代最多のJ1通算270勝。日本人指導者の中で実績が群を抜くのは確かだ。

 しょせん、「ドメスティックな数字」と言えばそれまでだが、JFA最高責任者の田嶋会長が「勝つ可能性を1%でも2%でも追い求める」ために選んだ人材だ。最適任者と信じるしかないだろう。


■ライセンス返上で“先手”

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る