棄権は賢明 錦織が優先すべきは世界ランクより今後の戦略

公開日:  更新日:

 この道はいつか来た道ではないか。

 錦織圭(28=世界ランク22位)が25日、スペインのバルセロナ・オープン2回戦でガルシアロペス(スペイン=同69位)と対戦。第1セットを3―6で落とした後、第2セットの第1ゲーム途中に棄権した。

「アップのときから3カ所くらい痛かった。一番は右の太もも。ベストのパフォーマンスができなかった。休めば治ると思う」とは本人だ。

 先週のモンテカルロで準優勝。決勝でナダルに敗れ、初のマスターズ制覇はならなかったが、期待が膨らんだところでのケガや途中棄権は昨夏からの長期休養以前とまったく同じパターン。しかし、今回のリタイアには錦織陣営の思惑があるという。スポーツライターの武田薫氏がこう言う。

「この日の2回戦に勝っても、次はナダル。故障明けで体調が万全でない中、前週のモンテカルロで決勝まで戦ったのだから、ただでさえダメージは大きい。そのうえ再びナダルと対戦すれば、取り返しのつかないことになりかねない。来月上旬にはマスターズ1000のマドリード、下旬には全仏も控えています。ATP500の今大会は昨年は欠場し、ポイントも落ちない。無理をするメリットがないだけに、棄権は賢明な判断だったと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る