主催者も熱視線 復帰の錦織圭“下部ツアー参加”のメリット

公開日: 更新日:

 右手首を痛めて長期離脱していた男子テニスの錦織圭(28=世界ランク27位)が復帰2戦目で頂点に立った。

 3日(日本時間4日)のツアー下部大会「ダラス選手権」(米テキサス州)決勝で、マッケンジー・マクドナルド(22=米国=同158位)を6―1、6―4で下して優勝。今季初の優勝賞金1万8000ドル(約200万円)を手にした。

 錦織は痛めた右手首の回復が遅れ、4大大会初戦の全豪オープンを欠場。下部ツアーの「ニューポートビーチ・チャレンジャー」(1月23日=米カリフォルニア州)を復帰戦に選び、1回戦で敗退していた。

 この日の試合後の会見で大会ディレクターを務めるクレイク・ベル氏が「ケイ(錦織)が希望するのであれば、来年も出てほしい」と話したのは単なるリップサービスではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る