大坂なおみパリバOP4強入り 錦織から“主役”の座奪う勢い

公開日:

 次戦は大一番だ。

 女子テニスのBNPパリバ・オープン(米国インディアンウェルズ・ハードコート)準々決勝で、世界ランク44位の大坂なおみ(20)が同5位で第5シードのカロリナ・プリスコバ(25=チェコ)に6―2、6―3のストレート勝ち。ツアーのカテゴリーでは4大大会に次ぐ格付けの大会で、初のベスト4入りを果たした。

 準決勝は第1シードのシモナ・ハレプ(26=ルーマニア)と対戦。1月の全豪4回戦で3―6、2―6で敗れた女王に借りを返せば、念願のツアー初優勝まであと1勝だ。

 男子の錦織圭は昨年8月に右手首を故障。その後の試合は全休し治療に専念。今季も初戦から全豪まで3大会を欠場。復帰戦となった格下ツアーも1回戦負け。次戦も同ツアーに出場し優勝したものの、今週のパリバ・オープンも体調不良で休んだ。もっか同ランクは25位まで下降している。

 錦織不在の間、同109位のダニエル太郎(25)が今大会2回戦で、元世界1位(現13位)で第10シードのノバク・ジョコビッチ(30)を破る快挙でファンを沸かした。錦織がいなくても、日本勢のテニスは面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る