大坂なおみパリバOP4強入り 錦織から“主役”の座奪う勢い

公開日:

 次戦は大一番だ。

 女子テニスのBNPパリバ・オープン(米国インディアンウェルズ・ハードコート)準々決勝で、世界ランク44位の大坂なおみ(20)が同5位で第5シードのカロリナ・プリスコバ(25=チェコ)に6―2、6―3のストレート勝ち。ツアーのカテゴリーでは4大大会に次ぐ格付けの大会で、初のベスト4入りを果たした。

 準決勝は第1シードのシモナ・ハレプ(26=ルーマニア)と対戦。1月の全豪4回戦で3―6、2―6で敗れた女王に借りを返せば、念願のツアー初優勝まであと1勝だ。

 男子の錦織圭は昨年8月に右手首を故障。その後の試合は全休し治療に専念。今季も初戦から全豪まで3大会を欠場。復帰戦となった格下ツアーも1回戦負け。次戦も同ツアーに出場し優勝したものの、今週のパリバ・オープンも体調不良で休んだ。もっか同ランクは25位まで下降している。

 錦織不在の間、同109位のダニエル太郎(25)が今大会2回戦で、元世界1位(現13位)で第10シードのノバク・ジョコビッチ(30)を破る快挙でファンを沸かした。錦織がいなくても、日本勢のテニスは面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る