大坂なおみパリバOP4強入り 錦織から“主役”の座奪う勢い

公開日: 更新日:

 次戦は大一番だ。

 女子テニスのBNPパリバ・オープン(米国インディアンウェルズ・ハードコート)準々決勝で、世界ランク44位の大坂なおみ(20)が同5位で第5シードのカロリナ・プリスコバ(25=チェコ)に6―2、6―3のストレート勝ち。ツアーのカテゴリーでは4大大会に次ぐ格付けの大会で、初のベスト4入りを果たした。

 準決勝は第1シードのシモナ・ハレプ(26=ルーマニア)と対戦。1月の全豪4回戦で3―6、2―6で敗れた女王に借りを返せば、念願のツアー初優勝まであと1勝だ。

 男子の錦織圭は昨年8月に右手首を故障。その後の試合は全休し治療に専念。今季も初戦から全豪まで3大会を欠場。復帰戦となった格下ツアーも1回戦負け。次戦も同ツアーに出場し優勝したものの、今週のパリバ・オープンも体調不良で休んだ。もっか同ランクは25位まで下降している。

 錦織不在の間、同109位のダニエル太郎(25)が今大会2回戦で、元世界1位(現13位)で第10シードのノバク・ジョコビッチ(30)を破る快挙でファンを沸かした。錦織がいなくても、日本勢のテニスは面白い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る