ケガ乗り越え準V 錦織「復活」でグランドスラム狙えるのか

公開日:

 4度目の正直とはいかなかった。

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズ決勝が22日に行われ、世界ランク36位の錦織圭(28)は同1位のラファエル・ナダル(31)に3―6、2―6で敗れた。過去に4大大会に次ぐ格付けのマスターズを制した日本人はいない。錦織がマスターズ決勝に進んだのは2016年7月のロジャーズ・カップ以来、4回目だったが、またしても壁を破ることはできなかった。

 昨年8月、右手首腱の部分断裂で長期離脱。今年1月に復帰したものの、世界ランクは自己最高の4位から大きく後退した。しかし、復帰後、ツアー4戦目の今大会は強豪を次々に撃破して決勝に進出した。

「ケガから復帰後はマスターズの決勝に進んだのが初めてだし、タフな1週間だった。ラファ(ナダル)は今週、とても圧倒的だった。いつか、また(ナダルに)挑戦していい試合ができるようにしたい」とは、試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る