引退は錦織圭が先の恐れも…36歳フェデラーは衰え知らず

公開日:  更新日:

 再び戻ってくることはできるのか。8月中旬に右手首の腱を部分断裂した男子テニスの錦織圭(27=世界ランク22位)は、それ以後の全日程を欠場。すでに故障は癒えて、練習を再開。来季開幕戦のブリスベン国際(12月31日開幕)にエントリーした。

 錦織が出場していないので国内ではほとんど報じられることはないが、英国・ロンドンでは現在、年間王者を決めるATPツアー・ファイナル(12~19日)が行われている。

 同ランク1位のR・ナダル(31)はD・ゴフィン(26=同8位)との試合後、膝のけがのために棄権したことで、2年ぶり15度目の出場となったR・フェデラー(36=同2位)の6年ぶり7度目の優勝にぐっと近づいた。

 そのフェデラーは先月、契約スポンサーのイベントに参加するため11年ぶりに来日した。「日本のテニス界には錦織圭という素晴らしい選手がいる。彼とまた試合ができればと思う」と語っていたが、あと何回、錦織と対戦することができるだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る