阪神の悪しき体質また露呈 新助っ人緊急補強で株主に忖度

公開日:  更新日:

 やけに動きが早い。

 阪神が新助っ人野手のエフレン・ナバーロ(32=カブス3A)を緊急補強するという。

 去る3日、年俸3.4億円で獲得したロサリオが不振で二軍落ちした。リーグワーストの184得点と貧打に悩んでおり、13年、17年WBCではメキシコ代表にも選ばれた内野手に触手を伸ばした。左投げ左打ちでシュアな打撃がウリ。一塁だけでなく外野も守れるそうだが、ロサリオが二軍落ちしてからわずか10日足らずの速攻アタックだ。

 ナバーロは今季、3Aで打率.310、4本塁打も、メジャー通算157試合でわずか3本塁打。同71本塁打のロサリオよりも格下で、さらにポジションが重なる。ロサリオには見切りをつけたのかと思ったら、「球団はあくまでロサリオを再生したいようです」と、さる球界関係者がこう続ける。

「阪神は韓国球界に在籍していた2年前からロサリオを補強リストに挙げ、昨オフ年俸3.4億円の大枚をはたいて獲得した。打てないまま終われば、フロントの責任問題に発展しかねない。ロサリオに一軍で結果を残してもらいたいという方針は変わりません。ナバーロはあくまでロサリオの保険。迅速に動いたのは、13日に行われる親会社・阪急阪神HDの株主総会対策ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る