阪神の悪しき体質また露呈 新助っ人緊急補強で株主に忖度

公開日: 更新日:

 やけに動きが早い。

 阪神が新助っ人野手のエフレン・ナバーロ(32=カブス3A)を緊急補強するという。

 去る3日、年俸3.4億円で獲得したロサリオが不振で二軍落ちした。リーグワーストの184得点と貧打に悩んでおり、13年、17年WBCではメキシコ代表にも選ばれた内野手に触手を伸ばした。左投げ左打ちでシュアな打撃がウリ。一塁だけでなく外野も守れるそうだが、ロサリオが二軍落ちしてからわずか10日足らずの速攻アタックだ。

 ナバーロは今季、3Aで打率.310、4本塁打も、メジャー通算157試合でわずか3本塁打。同71本塁打のロサリオよりも格下で、さらにポジションが重なる。ロサリオには見切りをつけたのかと思ったら、「球団はあくまでロサリオを再生したいようです」と、さる球界関係者がこう続ける。

「阪神は韓国球界に在籍していた2年前からロサリオを補強リストに挙げ、昨オフ年俸3.4億円の大枚をはたいて獲得した。打てないまま終われば、フロントの責任問題に発展しかねない。ロサリオに一軍で結果を残してもらいたいという方針は変わりません。ナバーロはあくまでロサリオの保険。迅速に動いたのは、13日に行われる親会社・阪急阪神HDの株主総会対策ではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る