貧打の金本阪神 新助っ人交渉も“懲りない球団”と厳しい声

公開日: 更新日:

「投手が1点以下に抑えないと勝てない状況が続いている。(投手陣は)頑張っている。(打者は)工夫しないと」

 ロッテに逆転負けした金本監督はこう言って貧打線を責めたが、何を今更だ。

 この日は初回に糸井の適時打で2点を先制するも、五回に逆転されると追いつけない。防御率3・18、198失点はリーグトップも、打率.231、174得点は同ワースト。打線に元気がないのは、今に始まったことではない。

 開幕から4番に据えた新助っ人のロサリオがサッパリなのは確かに誤算だろうが、「もしも」のことを念頭におき、いざとなれば対処するのが指揮官の仕事。「指導者経験がない」ことは言い訳にはならない。打撃コーチだって「十分な仕事をしていた」と胸を張ることはできまい。

 その阪神は打線のテコ入れのため、緊急補強に乗り出す。最有力候補としてエフレン・ナバーロ内野手(32=カブス3A)との交渉に入ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る