攻守で魅せた阪神・鳥谷 金本監督にスタメン起用のススメ

公開日:

 オリックスとの接戦を制した阪神。スタメン出場の鳥谷が攻守で魅せた。四回1死一塁の守備では、マレーロの痛烈な三塁線のゴロに横っ跳び。素早く二塁へ送球し併殺を決めた。

 同点にされた直後の六回の攻撃では、2死一塁から右中間へ勝ち越しの適時二塁打を放ち、これが決勝点となった。

「(三塁は)去年1年守ったポジション。守りやすかった。チーム事情もあるが、もっと試合に出られるように頑張りたい。(決勝適時打は)いいところに飛んでくれた」

 久々にお立ち台にあがった鳥谷の言葉に、スタンドは大いに沸いた。

 1939試合まで続いていた連続試合出場は5月29日のソフトバンク戦でストップ。それでも心は折れてはいない。6月2日の西武戦もDHのスタメンで5打数2安打1打点。不慣れなベンチスタートではなく、試合の頭から出した方がしっかり仕事をする。金本監督は「今日はベテランの力を借りようと思った。調子を上げていってほしい選手」と言った。

 パのチーム相手に苦戦は予想されたことだが、データが少ない試合こそベテランの経験が生きる。交流戦の通算安打数は歴代最多の323だ。金本監督、お気に入りの大山より、ここはしばらく鳥谷をスタメンで使ったらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る