阪神ロサリオが二軍落ち 3億円フイでフロントつるし上げか

公開日:

 再びその姿は見られるのか。

 3日に二軍落ちした阪神のロサリオのことだ。

「3割30本を打てる4番」として、新助っ人では球団史上最高額となる年俸3億4000万円で獲得したが、48試合で打率.230、4本塁打、22打点と不振から抜け出せず、金本監督が「すべてを見失っている」と二軍降格させた。

 これはもう、失格の烙印を押したようなものだ。阪神に限らず、新助っ人「野手」で、不調を理由に二軍落ちした後、一軍復帰してバリバリ活躍したケースはきわめて少ない。阪神でも2000年代以降、「二軍落ち→帰国」の道をたどったのが大半だった。

 それだけに阪神の周辺からは、「来週13日に行われる親会社の株主総会で、責任問題を追及されるのは必至だ」との声が出ている。阪神はロサリオに2年間もラブコールを送り続けていた。貧打を解消して優勝を目指すために今季、巨額資金を投入して獲得した最大の“目玉”だ。そのうえ、3億円以上の損失を出すことになれば、獲得を担当したフロントの責任問題に発展してもおかしくない。あるパ球団では数年前、獲得した助っ人がことごとく失敗し、編成担当が飛ばされたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る