日大対応遅れの遠因…理事長夫人に取り入る“女社長の正体”

公開日:

「雌鶏歌えば家滅ぶ」の故事でいえば、日大には雌鶏が2羽いる。田中英寿理事長が唯一、頭が上がらない優子夫人と、夫人のお気に入りで日大の広報・宣伝業務を仕切る大阪の女性社長。後者の存在が、悪質タックル問題のグダグダ対応の遠因にもなっている。

■理事長夫人の心の隙間に入り込み…

 女性社長・H氏(63)が経営するのは、大阪市の広告代理店E社。民間調査会社によると、年商10億円程度と業界では決して大手とはいえない会社だが、学生数7万人超のマンモス大学の広報プロジェクトを請け負っているのは、優子夫人の“鶴の一声”によるものだとされる。

 H氏は、田中理事長の覚えがめでたく、私設秘書のような存在である井ノ口忠男理事の実姉だ。約10年前、優子夫人にH氏を紹介したのは、井ノ口理事とは日大アメフト部の2年先輩にあたる内田正人前常務理事だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る