“ドン”理事長を土俵際に 日大現場職員クーデターの行方

公開日:

 日大教職員組合がきのう(11日)、都内で会見を開き、日大の“ドン”田中英寿理事長ら幹部の辞任を求める賛同署名を、学部・付属高校の専任教員の44・6%に当たる752人から集めたと発表。その後、大学側に提出した。なりふり構わぬ“ドン”体制に、いよいよ現場職員らの「クーデター」が始まった。

 会見した吉原令子副委員長は「報復人事の恐れがあるので、大学の非常勤講師、助教などに関しては(署名を)公開不可とした」と緊張した面持ちで語り、文理学部の初見基支部長は「アメフト部で起きた問題は、日大のどこで起きてもおかしくない問題」と指摘。さらに「田中理事長による一元統治だ」と大学のガバナンスを猛批判した。組合は今後も署名を集める方針だ。

 まるで北朝鮮さながらの恐怖政治だが、現場職員らの異例の体制批判は、いかに学内に鬱憤がたまっているかを物語っている。典型的なのが、日大の事務用品の販売、学生寮の管理などを一手に担っている「株式会社日本大学事業部」の運営に対する不満だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る