二軍大躍進も一軍大苦戦 阪神に「矢野監督待望論」急浮上

公開日: 更新日:

「矢野は選手の目線に立って指導ができるし、選手の可能性を広げようとしている。今の若い子たちは上から目線だとすぐに反発するからね。そこは、一軍の金本や片岡も参考にした方がいい。阪神を立て直すのは人気先行型の金本じゃなく、視野の広い矢野の方が適しているという声も出始めている」とは、古株の阪神OBだ。

 金本監督が「超変革」のスローガンを掲げて就任してから3年目の今年、甲子園での成績は16勝24敗1分けで借金「8」と散々だ。チームはメッセンジャー、糸井、福留というベテランと助っ人頼み。今も若手育成に苦慮し、チームも低迷する現状は、金本監督の限界を意味しているのではないか。

 阪神周辺では、「金本監督は来季に向け、フロントにFA補強を要望している」との声が聞かれる。だが、これまで若手育成を掲げながら、補強に頼るようなら、就任時に「育てながら勝つ」といいながら、「私はどちらも実現できませんでした」と公言しているようなもの。あの星野仙一元監督がダメ虎の再建を託された1年目に行ったのは、選手の意識改革であり、心の“改造”だった。「矢野待望論」の浮上は当然の流れといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  6. 6

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  7. 7

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  8. 8

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る