甲子園で今季2度目の巨人戦3連敗 阪神OBの不満は爆発寸前

公開日:

「これまあ、万全期して(3連戦の初戦に)メッセでしょ。初戦取りたいのはあるんでねえ。とにかく一戦一戦勝っていくしかないですよ」

 テレビ解説でこう言っていたのは、元阪神監督の岡田彰布氏。

 阪神が18日の「伝統の一戦」に敗れ、巨人相手に甲子園で今季2度目の同一カード3連敗を喫したのだから、岡田氏のみならず、阪神ファンも落胆したに違いない。

 この3連戦は、すべて2点差以内の接戦だったが、巨人に主導権を握られる展開が続いた。7月前半は中止が相次いだ上に、球宴休みもあったため、4日の中日戦以降、実に2週間も白星から遠ざかっている。

 金本監督が就任してから3年、若手育成に力を注いできたものの、前半戦総括時に「計算外というか計算違い」と話したように、若手野手の伸び悩みがチームの低迷に影響している。この日は、ロサリオが二軍での再調整を経てスタメン復帰したが、4番として期待していたことを思えば、これもまた大きな計算違いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る