甲子園で今季2度目の巨人戦3連敗 阪神OBの不満は爆発寸前

公開日: 更新日:

「これまあ、万全期して(3連戦の初戦に)メッセでしょ。初戦取りたいのはあるんでねえ。とにかく一戦一戦勝っていくしかないですよ」

 テレビ解説でこう言っていたのは、元阪神監督の岡田彰布氏。

 阪神が18日の「伝統の一戦」に敗れ、巨人相手に甲子園で今季2度目の同一カード3連敗を喫したのだから、岡田氏のみならず、阪神ファンも落胆したに違いない。

 この3連戦は、すべて2点差以内の接戦だったが、巨人に主導権を握られる展開が続いた。7月前半は中止が相次いだ上に、球宴休みもあったため、4日の中日戦以降、実に2週間も白星から遠ざかっている。

 金本監督が就任してから3年、若手育成に力を注いできたものの、前半戦総括時に「計算外というか計算違い」と話したように、若手野手の伸び悩みがチームの低迷に影響している。この日は、ロサリオが二軍での再調整を経てスタメン復帰したが、4番として期待していたことを思えば、これもまた大きな計算違いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る