二軍大躍進も一軍大苦戦 阪神に「矢野監督待望論」急浮上

公開日: 更新日:

 矢野二軍監督の戦い方は明確だ。チーム防御率はリーグトップの2.93。しかも、チーム打率はリーグ3位の.249ながら、361得点はリーグ1位だ。

「快進撃を支えているのは、矢野監督が掲げた走塁改革です。今年のチームスローガンは『執念』。矢野監督はこれを『積極性』に置き換え、次の塁を狙うという意識づけに成功。選手は準備の重要性を認識しつつある。120盗塁はリーグ断トツで、新人の熊谷、島田ら足がある選手もいる一方、この日は一軍で活躍した北條は決して足は速くないが、出塁したら牽制球をもらう。相手チームは阪神の『足』を過剰に意識している。一軍とは違って攻撃の主導権を握り、効率よく得点しているのです」(在阪のマスコミ関係者)

■人気先行の限界

 矢野二軍監督は就任から1年足らずで、選手育成、チーム強化の手腕を発揮していると評価する声が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る