“苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

公開日: 更新日:

 選手は監督の「鏡」だ。

 金本監督が11日、借金3で終えた前半戦の総括会見を行い「想像していたよりは厳しい前半戦になったのかなと思ってます」と言った。「厳しい」と感じる部分については「守備面でのミスからの失点と打つ方。得点力不足とあとは内野の守備の乱れ。その2つが大きかった」と分析した。

 確かに前半戦の阪神は攻守ともに凡ミスが目立った。開幕2試合目の巨人戦では上本とロサリオが牽制死。5月9日の巨人戦でも、七回無死一、二塁で二塁走者の大山が沢村に刺された。

 一塁手の陽川は併殺狙いの送球に足を伸ばさずアウトにできず、二塁の糸原は平凡なゴロでも併殺を決められない。7月1日のヤクルト戦は1点差で逃げ切ったものの、九回無死一塁で中谷はバントを失敗。挙げたらキリがない。

 金本監督は、速い球を投げる投手に本塁打が打てる打者が好みだという。緻密な野球で「1点を守り切る」というベンチワークは見てとれない。元巨人の高橋善正氏(評論家)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る