助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

公開日: 更新日:

 鉄は熱いうちに打てという。

 特にファームで好調だった野手は、一軍昇格後、すぐに使うのが鉄則。首脳陣が期待している選手であればなおさらだ。

 そこへいくと阪神の金本監督は常識にとらわれない、いや、常識が通用しない指揮官なのかどうか。

 17日、不振のセットアッパー・マテオと入れ替わりで一軍登録したロサリオ(29)をベンチに座らせたまま巨人に連敗したのだ。

 金本監督は前半戦総括で、後半戦のキーマンにロサリオを指名した。4番に座りながら打率.230、4本塁打、22打点で6月に二軍落ちした主砲が、ファームで.313と復調。「倍返しに期待している」と、この日さっそくベンチ入りさせながら、再三のチャンスにも送り出す気配すらなし。4点を追う五回1死から2点を返し、なおも二、三塁のチャンスで先発の岩田に代わる代打が原口なら、九回2死から3人続けて出塁しても動こうとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る