助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

公開日:

 鉄は熱いうちに打てという。

 特にファームで好調だった野手は、一軍昇格後、すぐに使うのが鉄則。首脳陣が期待している選手であればなおさらだ。

 そこへいくと阪神の金本監督は常識にとらわれない、いや、常識が通用しない指揮官なのかどうか。

 17日、不振のセットアッパー・マテオと入れ替わりで一軍登録したロサリオ(29)をベンチに座らせたまま巨人に連敗したのだ。

 金本監督は前半戦総括で、後半戦のキーマンにロサリオを指名した。4番に座りながら打率.230、4本塁打、22打点で6月に二軍落ちした主砲が、ファームで.313と復調。「倍返しに期待している」と、この日さっそくベンチ入りさせながら、再三のチャンスにも送り出す気配すらなし。4点を追う五回1死から2点を返し、なおも二、三塁のチャンスで先発の岩田に代わる代打が原口なら、九回2死から3人続けて出塁しても動こうとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る