二軍大躍進も一軍大苦戦 阪神に「矢野監督待望論」急浮上

公開日:

 勝つには勝ったが、置かれている状況に変わりはない。

 25日の広島戦、阪神は相手先発の九里を攻略し、6―3で勝利。広島戦の連敗を6、甲子園での連敗を5で止めた。

 とはいえ、阪神は首位広島に10ゲームもの大差をつけられ、4位に低迷。この日のデイリースポーツでは、24日に甲子園で広島に1―3で敗れたことで、元監督の岡田彰布氏が「失敗覚悟、批判覚悟で仕掛けろ!!」と緊急提言を掲げた。攻撃の幅を広げ、少ないチャンスを生かせと金本監督(50)のベンチワークに注文をつけたのである。

 ライバルのスコアラーはこんな指摘をする。

「阪神は時々バントをしたり、盗塁もしますが、基本的には『走者が出たら打ってかえす』という攻撃パターン。これがハマってこの日のように得点を重ねる試合もありますが、24日の広島ジョンソンのように良い投球をされると途端に苦しくなる。一発はリーグ最少(50本塁打)なのに、阪神の攻撃は淡泊で嫌らしさがない。広島のように粘って四球を取るとか、次の塁を積極的に狙おうという走塁意欲があまり感じられません。バッテリーの立場からすると、阪神戦は走者をあまり気にする必要がないので、打者との勝負に集中しやすい面はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る