二軍大躍進も一軍大苦戦 阪神に「矢野監督待望論」急浮上

公開日: 更新日:

 勝つには勝ったが、置かれている状況に変わりはない。

 25日の広島戦、阪神は相手先発の九里を攻略し、6―3で勝利。広島戦の連敗を6、甲子園での連敗を5で止めた。

 とはいえ、阪神は首位広島に10ゲームもの大差をつけられ、4位に低迷。この日のデイリースポーツでは、24日に甲子園で広島に1―3で敗れたことで、元監督の岡田彰布氏が「失敗覚悟、批判覚悟で仕掛けろ!!」と緊急提言を掲げた。攻撃の幅を広げ、少ないチャンスを生かせと金本監督(50)のベンチワークに注文をつけたのである。

 ライバルのスコアラーはこんな指摘をする。

「阪神は時々バントをしたり、盗塁もしますが、基本的には『走者が出たら打ってかえす』という攻撃パターン。これがハマってこの日のように得点を重ねる試合もありますが、24日の広島ジョンソンのように良い投球をされると途端に苦しくなる。一発はリーグ最少(50本塁打)なのに、阪神の攻撃は淡泊で嫌らしさがない。広島のように粘って四球を取るとか、次の塁を積極的に狙おうという走塁意欲があまり感じられません。バッテリーの立場からすると、阪神戦は走者をあまり気にする必要がないので、打者との勝負に集中しやすい面はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  8. 8

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  9. 9

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る