• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

完全復活は遠く…阪神・藤浪の“トレード志願”は時間の問題

 阪神にとっては恵みの雨だ。5日の中日戦は、降雨のため中止。今季10試合目でも金本監督の機嫌は悪くない。それもそのはずだ。この日は報道陣に対し、「みんなが思っているより早くいけると思う」と、右腓骨を折った糸井の球宴明けからの復帰を示唆した。

 登録抹消の糸井は、予想より短期間で戦列に戻れそうだが、首脳陣にとって今も頭が痛いのは「完全復活」が遠い藤浪だ。

 前日の試合は4点差を逆転して甲子園の連敗を6で止めたものの、先発した藤浪は五回途中6四球4失点で降板した。

 藤浪は昨年4月のヤクルト戦で畠山の頭にぶつけてから制球難がひどくなり、四死球、逆球、打者の背中を通す悪球が増えた。昨季は11試合で3勝5敗。今季もここまで8試合で2勝2敗。前触れのない突然の乱調にベンチも困り果てている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る