小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

横浜の走塁とコンパクト打法が昨夏覇者の花咲徳栄を破った

公開日:  更新日:

 横浜(南神奈川)が8―6で昨夏の優勝校・花咲徳栄(北埼玉)に辛くも勝利した。

 一挙6点を奪った横浜の四回の攻撃は見事だった。1-1の無死二塁から角田の三遊間への判断が難しい打球を、二塁走者の内海が好スタートを切り生還。勝ち越しに成功した。その後の河原木の遊撃強襲2点打はラッキーだった。遊撃手にうまくさばかれたらなかった2点である。結局この回、打者一巡の猛攻。評価したいのは、7点目となった3番・斉藤の犠飛。内野フライになりそうな高めの141キロをうまくレフトまで運んだ。この7点目が最後に効いた。

 南神奈川大会ではバットを振り回す場面も見られた横浜打線が、この日はセンターから逆方向を意識してコンパクトにスイングしていた。その成果が表れたイニングだった。

 先発は2年生左腕の及川。常時140キロを超える球威がある。内外角、高低に投げ分けられるうえ、いいスライダーも持っている。しかし、2本塁打を浴びて7回途中4失点。なぜ打たれるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る