青森出身は2人 八戸光星・仲井監督に聞く野球留学生の生活

公開日:

 あす8月15日に登場する八戸学院光星(青森)は、野球留学者が多い。今大会もベンチ入りしている青森県出身は2人しかいない。親元を離れた子供たちは留学先を「第二の故郷」とするというが、その一方で2011年には部員の飲酒が発覚するなど、問題が起きたケースもある。仲井宗基監督(48)に話を聞いた。

■「ほぼ全員がホームシックに」

 ――他県からの越境入学選手が多いですが、彼らをどのように指導しているのでしょうか。

「どこの出身でも、ウチに来ていただけるのだからありがたい話。大切な選手です。選手本人の決断、そして親御さんも、ともに勇気がいることだと思う。だから私も、彼らの親になったような気持ちで接しています。思春期に親元を離れるのは想像以上に厳しいものがあると思います。その分、親のありがたみも分かるのではないでしょうか。ホームシックになったりもしますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る