貧打解消の切り札 阪神に甲子園ラッキーゾーン復活待望論

公開日:

 13日現在、45勝49敗1分けの借金4に低迷する阪神。その要因は、20勝27敗1分けと大きく負け越すホームでの弱さにある。

 打線が足を引っ張っており、チーム打率.247、378得点、60本塁打、46盗塁は全てリーグワースト。中でも甲子園での成績は42試合で129得点、12本塁打と散々だ。1試合平均で3得点、本塁打は3.5試合に1本しか出ていない。

 甲子園は両翼95メートル、中堅118メートルながら、左中間、右中間が118メートルと12球団の本拠地で最も深い。右翼から左翼方向に「浜風」が吹くため、特に左打者は本塁打が打ちづらいとされる。

 本拠地での本塁打数は16年が63試合で29本塁打、17年は62試合で41本塁打だった。阪神の中軸は糸井、福留、ナバーロと左打者が多く、守備力を度外視した攻撃的布陣を組むこともあるものの、打線の弱さは一向に解消されない。金本監督も「(甲子園では)みんな打てなくなる。何かあるのか」と話すなど、お手上げ状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る