貧打解消の切り札 阪神に甲子園ラッキーゾーン復活待望論

公開日: 更新日:

 13日現在、45勝49敗1分けの借金4に低迷する阪神。その要因は、20勝27敗1分けと大きく負け越すホームでの弱さにある。

 打線が足を引っ張っており、チーム打率.247、378得点、60本塁打、46盗塁は全てリーグワースト。中でも甲子園での成績は42試合で129得点、12本塁打と散々だ。1試合平均で3得点、本塁打は3.5試合に1本しか出ていない。

 甲子園は両翼95メートル、中堅118メートルながら、左中間、右中間が118メートルと12球団の本拠地で最も深い。右翼から左翼方向に「浜風」が吹くため、特に左打者は本塁打が打ちづらいとされる。

 本拠地での本塁打数は16年が63試合で29本塁打、17年は62試合で41本塁打だった。阪神の中軸は糸井、福留、ナバーロと左打者が多く、守備力を度外視した攻撃的布陣を組むこともあるものの、打線の弱さは一向に解消されない。金本監督も「(甲子園では)みんな打てなくなる。何かあるのか」と話すなど、お手上げ状態なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  9. 9

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る