金足農・吉田をドラフト指名へ プロ球団の大攻勢が始まる

公開日:  更新日:

 試合終了のサイレンが鳴った瞬間、とめどなく涙がこぼれた。

「まったく歯が立たなかった。疲れがたまっていて、決して万全ではなかった」

 21日の大阪桐蔭(北大阪)との決勝戦。準決勝まで749球を投げていた金足農(秋田)の右腕・吉田輝星が、刀折れ矢尽きた。報道陣に囲まれると悔しそうな表情を浮かべながら、しかし、ハッキリとした口調で試合を振り返った。

 四回に大会6試合目にして初被弾で3失点。その時点で吉田は「足が動かなくなった」という。五回に大阪桐蔭の猛攻を受け、「もう投げられない」とマウンドを降りた。

 5回を投げて12安打12失点。「金足農旋風」を起こし、予選から1517球を投げ抜いた剛腕の夏は、大敗という形で幕を閉じた。

 そんな吉田は今後、どんな進路を歩むのか。本人は「まったく考えていない。野球はやりたいと思う」と明言を避けたが、周辺では大学進学説が有力視されていた。地元マスコミ関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る