金足農・吉田をドラフト指名へ プロ球団の大攻勢が始まる

公開日:  更新日:

 試合終了のサイレンが鳴った瞬間、とめどなく涙がこぼれた。

「まったく歯が立たなかった。疲れがたまっていて、決して万全ではなかった」

 21日の大阪桐蔭(北大阪)との決勝戦。準決勝まで749球を投げていた金足農(秋田)の右腕・吉田輝星が、刀折れ矢尽きた。報道陣に囲まれると悔しそうな表情を浮かべながら、しかし、ハッキリとした口調で試合を振り返った。

 四回に大会6試合目にして初被弾で3失点。その時点で吉田は「足が動かなくなった」という。五回に大阪桐蔭の猛攻を受け、「もう投げられない」とマウンドを降りた。

 5回を投げて12安打12失点。「金足農旋風」を起こし、予選から1517球を投げ抜いた剛腕の夏は、大敗という形で幕を閉じた。

 そんな吉田は今後、どんな進路を歩むのか。本人は「まったく考えていない。野球はやりたいと思う」と明言を避けたが、周辺では大学進学説が有力視されていた。地元マスコミ関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る