大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

公開日:  更新日:

「ショウヘイは来年は投げられない」

 エンゼルスのソーシア監督(59)が、来季以降の大谷翔平(24)の起用法について、こんな注目発言を行った。報道陣の質問に答え、二刀流復活は再来年の2020年シーズンになるとの見解を示したのだ。

 右肘に新たな損傷が判明した大谷は、医師から投手復帰に1年以上はかかる靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を勧められている。大谷本人は現時点で態度を保留しているが、ソーシア監督の考えでは、手術の有無にかかわらず、来季は打者に専念することが濃厚。地元メディア関係者によれば、「指揮官は今季限りでの退任が決まっている。それでも、大谷の故障や起用法については球団と綿密な意見交換を行っていて、『来年は投げない、投げられない。打者に専念する』という方針は、球団の意向を口にしたもの」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る