大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

公開日: 更新日:

「ショウヘイは来年は投げられない」

 エンゼルスのソーシア監督(59)が、来季以降の大谷翔平(24)の起用法について、こんな注目発言を行った。報道陣の質問に答え、二刀流復活は再来年の2020年シーズンになるとの見解を示したのだ。

 右肘に新たな損傷が判明した大谷は、医師から投手復帰に1年以上はかかる靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を勧められている。大谷本人は現時点で態度を保留しているが、ソーシア監督の考えでは、手術の有無にかかわらず、来季は打者に専念することが濃厚。地元メディア関係者によれば、「指揮官は今季限りでの退任が決まっている。それでも、大谷の故障や起用法については球団と綿密な意見交換を行っていて、『来年は投げない、投げられない。打者に専念する』という方針は、球団の意向を口にしたもの」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る