大谷翔平“三刀流”の可能性 ソーシア監督「守れると思う」

公開日:

「プロに入ったとき、ちょっとだけショートを守ったけど、すぐにクビになった。なので内野手はおそらく、もう、ないと思う」

 新たな右肘靱帯損傷が見つかってオフに手術をするのか、それとも見送るのか。

 その動向が注目される大谷翔平(24)が11日、野球専門チャンネル「MLBネットワーク」に出演。ジラルディ・ヤンキース前監督らから今後、守備に就く可能性を聞かれ、こう答えた。

 二刀流の大谷は投打で優れたパフォーマンスを見せる一方、野手としては守備に就かずにDH専門。守れないから使い勝手が悪いのだ。ソーシア監督がかつて「大谷は守れると思う」と話したのも、守れれば野手としての起用法に幅が生まれるからだろう。

 仮にオフに手術をした場合、来季、投手としては無理でも、打者としては復帰できる。投手としての調整をやらなくて済む分、投げる負担の少ない一塁守備をマスターする時間的な余裕も生まれる。となると投手として復帰するであろう再来年は投げて打って守る「三刀流」が可能になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る