大谷翔平に手術回避の勧め…左打ちで“経験者”の柴田博之氏

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平が依然として打撃好調だ。

 9日(日本時間10日)のホワイトソックス戦に「4番・DH」で出場し、3打数1安打1四球。八回の第4打席で右中間への二塁打を放ち、7戦連続安打とした。スタメン出場に限れば10戦連続安打と、当たりが止まらない。

 八回のチャレンジでアウトと判定されたものの、三盗も試みるなど、野手としてのスキルの高さをアピールしている。

 その二刀流が難しい決断を迫られている。右肘靱帯に新たな損傷が見つかり、診察を受けた医師から靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術を勧められているのだ。

 大谷は10日(同11日)にも球団と今後の方針を話し合い、結論を出すとみられる。

 6日付のロサンゼルス・タイムズ(電子版)によれば、肘の専門医であるセントチャールズ整形外科(ニューヨーク)のルーガ・ポデスタ氏は「来季の大谷が打席に立たない理由はない。送球しないDHなら、(メスを入れても)約6カ月で復帰可能だ」と話しているが、本当に早期復帰が可能なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る