大谷翔平に手術回避の勧め…左打ちで“経験者”の柴田博之氏

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平が依然として打撃好調だ。

 9日(日本時間10日)のホワイトソックス戦に「4番・DH」で出場し、3打数1安打1四球。八回の第4打席で右中間への二塁打を放ち、7戦連続安打とした。スタメン出場に限れば10戦連続安打と、当たりが止まらない。

 八回のチャレンジでアウトと判定されたものの、三盗も試みるなど、野手としてのスキルの高さをアピールしている。

 その二刀流が難しい決断を迫られている。右肘靱帯に新たな損傷が見つかり、診察を受けた医師から靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術を勧められているのだ。

 大谷は10日(同11日)にも球団と今後の方針を話し合い、結論を出すとみられる。

 6日付のロサンゼルス・タイムズ(電子版)によれば、肘の専門医であるセントチャールズ整形外科(ニューヨーク)のルーガ・ポデスタ氏は「来季の大谷が打席に立たない理由はない。送球しないDHなら、(メスを入れても)約6カ月で復帰可能だ」と話しているが、本当に早期復帰が可能なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

もっと見る