あるか鹿島vsアルアイン クラブW杯決勝アジア対決の実現は

公開日:

「泉」を意味するアルアインは、砂漠の中のオアシスにある。真夏には50度を超える気温も、現在は日中25度前後なのでホテルから歩き、4キロ先のスタジアムに向かった。

 準々決勝のキックオフ1時間半前に到着すると鹿島の対戦相手グアダラハラ(メキシコ)のサポーターが、紅白の縦縞のレプリカユニホーム姿で記念撮影などをしていた。数はそれほど多くないが、UAEまで来られるだけあって裕福そうな雰囲気の人が多い。 

 いきなり前半3分に失点した鹿島はその後も耐える時間が続いたが、大岩剛監督は0―1で迎えた後半のスタートから、U―19日本代表のMF安部裕葵を投入した。

「ハーフタイムに『(相手の)サイドバックの裏に出して欲しい』といろんな選手に言った。ボールを取った時、各駅停車のように近くの選手にパスを出すのではなく、1個(=選手1人)飛ばして僕を見るとか(FW)セルジーニョを見るように言った」と試合後にFW土居聖真が振り返ってくれたが、後半4分に守護神クォン・スンテからセルジーニョにボールが渡り、そこからつながったボールを土居が左からクロスを入れ、飛び込んだMF永木亮太が合わせて同点に追いついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る